· 

上原琢矢 ピアノリサイタル2018  虹色の旋律~祈りと希望~

2018年9月29日(土)に「上原琢矢 ピアノリサイタル2018  虹色の旋律~祈りと希望~」を開催します。

 

 

今、日本で最も注目を集めている新進気鋭のピアニスト、上原琢矢によるピアノリサイタルです。
ひのきの森musicの演奏家・講師の横山幸雄氏に師事し、第8回安川加壽子記念コンクールでは審査員満場一致で1位を獲得。
そんな実力派の上原琢矢のデビュー盤収録曲「シャコンヌ」をはじめとした、王道の選曲に未来が見える演奏をお届けします。
「今」しか感じられない、若きピアニストの輝かしい音色を是非この機会にお聴きください。

 

皆様のお申し込みをお待ちしております。

 

 

ご予約はこちらから。お電話(03-5974-7717)でも承っております。

 お席に限りがございますので、お早目にお申込みください。

クービック予約システムから予約する


ピアニスト横山幸雄氏よりメッセージ

 

 「今」しか感じられない何かを、、、

上原くんが初めて僕のところへやって来たとき、彼はまだ小学生だった。

よくあるような天才少年なんかじゃちっともなくて、レッスン中に疲れてスヤスヤ寝てしまうような普通の無邪気な坊やだった。

それからたった12年後にはコンクールの全国大会でトップ争いをするようになるのだから、人間どうなるかわからない。これが教育の面白さでもある。その彼も今やハタチも越え、もう立派な大人である。

それでも、三つ子の魂百まで。

 

かつての無邪気さは今は自然体な素直さとなって彼の本質としてその演奏からも感じられるはずだ。

そしてそれは現代の目まぐるしい競争社会とは一線を画していて、その美点を生かしつつ生き抜いていくのは決して簡単ではないと思う。

また彼は初めて僕のところへ来たとき以降、短期のセミナーとかを除けば僕以外に先生がいないはずだ。こういう生徒は他にはほとんどいない。

 他の先生がどういう評価をしてくれるのか、またいろいろな角度から学ぼうと思うのは普通のことだと思うし、僕としては推奨はしても拒否する理由はないのだが、なぜか彼はそうしない。

音楽とは、理屈で説明することは出来てもそもそも真似してなんとかなるものではないし、本人のその人自身の唯一無二のものなわけだから、極論すれば先生なんていらないとも言えるのだけれど。だから僕はお節介にも時々その演奏に口をはさみつつ、見守っているだけ。

 

皆さんにもその権利をお譲りします。今しか感じられない何かを聴いていただけるものと思います。

彼が今後どんなに有名になったとしても、その時にはすでに失われてしまっているものもあるということを知ってますか?

 

ピアニスト  横山 幸雄



日時: 2018年9月29日(土) 

open 18:00 start 18:30

 

会場:東京・駒込 ひのきの森music(ひのきの森byBMD 2F)
チケット:前売り/3,000円  当日/3,500円

 

お問合せは、ひのきの森byBMD東京まで

tel 03-5974-7717

mail info@hinokimusic.com